薄い SBC : Renegade Elite

Renegade Elite は SoC に RK3399 を採用している SBC です。

目次

SoC

RK3399 は Chromebook 界隈では OP1 と呼ばれることもある SoC で、最近良く耳にします。
RKシリーズは、Rockchip 製 SoC で(個人的に)Chromebook に使われているイメージが強いです。
※Android 端末だと Snapdragon や MTシリーズが多い印象が強くあります。

  • 主な SoC メーカー
    メーカー シリーズ
    Allwinner A***, H***
    Broadcom BCM***
    HiSilicon Kirin
    Marvell ARMADA
    MediaTek MT***
    NVIDIA Tegra
    Qualcomm Snapdragon
    Samsung Exynos

私が所有している SBC では、Allwinner 製が多いです。

SBC SoC
Banana Pi M1 Classic Allwinner A20
Orange Pi One Allwinner H3
NanoPi NEO Allwinner H3
Raspberry Pi 3 Model B Broadcom BCM2837

SBC

SBC(シングルボードコンピュータ)は、Android などに使われている ARM アーキテクチャの SoC が採用されることが一般的です。
※ARM は 省エネでシェアを伸ばしている SoC(CPU)です。

Libre Computer

Libre Computerは、他 SBC 同様に Raspberry Pi 互換でシェアを伸ばしているメーカーです。

公式ページでは、下記5製品が公表されています。

Renegade Elite 以外は 40 pin GPIO Header を搭載しており、メイン I/F (NIC, USB, HDMI, MicroUSB Power etc.)の位置も Raspberry Pi に準拠しているように見えます。
もちろん、細かいピンヘッダーなどは異なりますが、ケースに収める分には十分でしょう。

Renegade Elite は独自路線で、USBポートは重ねず NICポートも基盤にめり込ませて薄さを実現しています。
ボード単体では、120mm x 72mm x 11.9mm と10インチタブレットよりちょっと厚いくらいです。
ケースはアクリルとアルミの2種類あるようです。
色もシンプルで落ち着いており好感が持てます。