ファイル転送ツールの違い

FTP や SCP などサーバへのファイル転送ツールの違いをまとめてみました。

ちなみに私が普段使っているツールは以下の2つです。

目次

ツール

  • FileZilla
    対応プロトコル:FTP, SFTP, Storj
  • WinSCP
    対応プロトコル:SFTP, SCP, FTP, WebDAV, Amazon S3

※WinSCP は Windows専用ですが、FileZilla はクロスプラットフォームです。

プロトコル

FileZilla・WinSCP 共通で使えるもの

FTP

  • File Transfer Protocol
    ネットワーク上でのファイル転送プロトコル。
    古くから使われているが、パスワードが平文で送られるので使われなくなりつつあります。

SFTP

  • SSH File transfer Protocol
    SSH ベースのファイル転送プロトコル。
    SSH は Secure Shell の略で、パスワードなど認証部分を含むすべての通信が暗号化されるので安全です。
    後述の SCP に並び、現在主流です。

その他

SCP

  • Secure Copy Protocol
    SFTP 同様、パスワードなど認証部分を含むすべての通信が暗号化されるので安全です。
    前述の SFTP に並び、現在主流です。

FTPS

  • File transfer Protocol over SSL/TLS
    FTP ベースの通信を SSL/TLS で暗号化して安全性を担保します。

まとめ

インタネット黎明期に復旧した FTP の通信内容は暗号化されないため、現在は以下が主流となっています。

  • FTPS
    SSL/TLS と組み合わせて暗号化。
  • SFTP
    SSH 上で通信することで匿名性を保証。