FenrirFS のごみ箱機能が2段階になっていた

当ブログでも何度か記事に起こしてきたファイルビューア FenrirFS(フェンリルエフエス)ですが、知らない間にごみ箱機能が2段階になりユーザビリティが向上していたのでご紹介します。

目次

FenrirFS おさらい

FenrirFS は公式サイトに "ファイル管理アプリ" と記載があります。

FenrirFS - 整理いらずのファイル管理アプリ | フェンリル

上記サイトをチラッと見ていただくと分かるのですが、一種のファイルビューアです。

外見は 2ペインのファイルビューアとなっており、複数の方法でグルーピングできます。
※グルーピング情報は、FenrirFS と同時に導入される SQLite で管理されています。

  • スマートフォルダ
    ファイル名や拡張子、作成日時、更新一時などを定義しておくことで、瞬時にグルーピングされます。
  • ラベル
    ファイル単位でラベルを追記できます。
    これにより、自由に設定したラベル単位でもグルーピングできます。
  • スター付き
    ファイルにスター(星印)を設定できます。
    これは、スター有のもののみをグルーピングできます。

多くの機能があり、しかもビューアが大きく見やすいので普段使っています。

プラグイン

FenrirFS は Susie プラグインを使うことが出来ます。

Susieの部屋

FenrirFS は標準でも PDF ビューア機能を有していますが、ファイルサイズが大きくなると重いので、Susie プラグインを導入しています。
操作感が若干変わりますが、かなり高速です。
こちらは以前記事にしています。

ごみ箱

本題のごみ箱機能です。

環境

確認した環境は以下のとおり。

  • Windows 10 64bit (1809)
  • FenrirFS 2.6.3

変わった点

  • 従来
    FenrirFS 上からファイルを削除すると(FenrirFS 上からは即時削除されるが)、ファイルシステム上からは削除されない。
    FenrirFS 終了時にファイルシステム上から削除される。
    なお、ごみ箱には移動されず削除される。

  • 現在
    FenrirFS 上からファイルを削除すると(FenrirFS 上からは即時削除されるが)、ファイルシステム上からは削除されない。
    FenrirFS 終了時にファイルシステム上から削除される。
    しかし、ごみ箱に移動される。 ※ここが違う。