高負荷環境でAtermと通信が切れる現象の改善

自宅のネットワークは、未だに有線を多用しています。
なんか楽ちんなんですよ。デスクトップ多いし。

とは言っても、無線ルータと自室とを有線で結ぶわけにも行かず、そこは無線 LAN でつないでいます。

その無線ルータに接続する部分で、ちょくちょく切断があり途方に暮れていたところ、解決したのでメモしておこうと思いました。

後述しますが、普通に使っている分には問題発生しなかったので使い方の問題です。

目次

環境

使っている無線ルータは Aterm です。

Aterm WG2600HS2 | 製品一覧 | AtermStation

  • アンテナ数
    4×4(5GHz帯)、4×4(2.4GHz帯)
  • 無線LAN
    5GHz帯1733Mbps + 2.4GHz帯800Mbps

自室への接続は、無線子機(イーサネットコンバータ)モード搭載の下記製品を使用しています。

11ac 433Mbps 無線LANルーター - WRC-733FEBK-A
11ac:最大433Mbps

この製品の良いところは(アンテナが 1本しかないので)無線ルータのアンテナを 1本しか専有しないこと。
スマホや TV でインターネットに接続する昨今、分け合いたいので...

構成は下記のようになっています。

  • Aterm WG2600HS2 無線 WRC-733FEBK-A 有線 PC

現象

回線に負荷をかけると親機・子機間が切れる現象に悩まされました。
(以前使っていた Aterm WG-1800HP2 では、このような現象は無かったので正直驚きました)。

普段、Chrome 拡張機能の OneTab を多用しており、数十のサイトをいっぺんに開いたりするのですが、この時に現象に遭遇しました。
*OneTab で数十サイトを同時に開くので一時的に高負荷状態になる。

普通にリンクを開いていく分には問題なかったです。

対処方法

負荷が上がるタイミング(帯域が必要なタイミング)で有効と思われる マルチキャスト伝送速度 を MAX にしています。
ただ、5GHz のパフォーマンスに影響する 144チャネル(W56)使用可能 は初期値のまま OFF で使用しています。
なぜならば、WRC-733FEBK-A は対応していないので!!!
(加えて、5GHz クワッドチャネルや 2.4GHz デュアルチャネルは OFF にしています。これらも未対応なので)
*そもそも速度重視なら 2.4GHz 使わない。
*5GHz 通信を安定させる TV モードは初期値で ON だったので、触ってません。

設定項目

下記項目を編集したところ、負荷が上がっても切られなくなりました。

Wi-Fi詳細設定(2.4GHz)

  • デュアルチャネル機能
    + 変更後: 使用しない
    - 変更前: 使用する(自動切替)

    *2.4GHz 帯は今回関係ないので、おまけです。

Wi-Fi詳細設定(5GHz)

  • クワッドチャネル機能
    + 変更後: 使用しない
    - 変更前: 使用する
  • マルチキャスト伝送速度(Mbps)
    + 変更後: 54
    - 変更前: 6