ついに 1.5V の充電池が登場

充電池(充電式乾電池)といえば 1.2V が定石なのですが、今回見つけました。
1.5V の充電池を!!!

購入したかったのですが既に完売しており、現在は予約受付中となっています。

目次

なぜ 1.5V にこだわるのか

ずばり、乾電池式のCANON製デジカメを使っているからです。

PowerShotの困った癖

充電池だと電圧が足りないことです。

一般的に電子機器のバッテリ残容量チェックの方法は電圧です。
つまり、電圧が低いとそれだけで残容量が目減りします。
デジカメもPC同様に、起動時は通常時よりも多くの電流を必要とします。
当然、必要な電圧が得られなければ起動時に落ちてしまいます。

乾電池は 1.5V ですが、充電池は 1.2V です。
これが厄介な問題を生んでいます。

電圧比較

PowerShotの"DC IN"と電池使用時の電圧を比較すると問題が浮き彫りになります。

PowerShot A75

旧モデルである単三電池4本仕様のA75は、充電池を利用しても定格4.3Vを上回っています。
内部的に降圧しているかどうかは定かではありませんが、今のところ問題は出ていません。
(仕様なのであたりまえだけれど...)。

PowerShot A75 電圧 備考
DC IN 4.3V 外部から電力供給(オプション)
乾電池 6V
充電池 4.8

PowerShot A570 IS

逆にA75の後継機種であるA570は、乾電池を使っても定格3.15Vを下回っています。
国産の新品乾電池を使ってもバッテリ警告が即表示されるので、内部で昇圧していないことは明らかです。
充電池だとエネループを使ってもNGです。
(エボルタは試していません)。

PowerShot A570 IS 電圧 備考
DC IN 3.15V 外部から電力供給(オプション)
乾電池 3V
充電池 2.4V

救世主となるか!?

充電池で 1.5V 出力が登場しました。
私の知る限り初めてです。

入手出来次第、A570 IS で試してみたいと思います。

base on サンコー |【★予約商品★充電器不要!USB充電できる乾電池 単3形2本セット】販売ページ

仕様
電源 USBより充電
バッテリー リチウムポリマー 1250mAh
出力 1.5V
充電電圧 5V
充電時間 約2時間

おまけ

電圧が足りないときは、接点復活剤"CRE 2-26"などを使うと少しマシになります。